カテゴリー
インフォメーション ニュース ブログ メディア掲載 新ニュース一覧 活動実績

子どものためのオンライン「強み」診断クイズ

『見つけて、のばそう!自分の強み』(小学館)から、子ども向けの強み診断がオンラインで受診いただけます。

ぜひ、お子様と一緒にクイズに答えながら、強みを発見してみてください。

HugKum(小学館)サイトへ




『見つけて、のばそう!自分の強み』(小学館)



カテゴリー
参考文献 参考文献 関連情報

【診断ツール】強み診断ツール『VIA-IS』の紹介

強み診断ツール『VIA-IS』の紹介

ポジティブ心理学の第一人者である故クリストファー・ピーターソン博士とマーティン・セリグマン博士の開発した強み診断『VIA-IS』(無料)のご紹介です。

二人の研究者は、主要な宗教や哲学的な伝統に関する書籍を読み、それぞれの中で美徳とされていることをリストアップし、共通点を調べました。200冊に及ぶ哲学書や経典を読み解くと、驚く事に2000年の時を経ていながら6つの美徳に集約されたのです。

そしてこの美徳がどのように構成しているのかを調べ上げたものが『VIA-IS』で診断できる強みなのです。強みとは、自分がそれを使うと元気になれるような性格の特徴とも言えるでしょう。

米・VIA研究所が提供するこの診断ツールは、世界190カ国、260万人以上の人々に使用されています。

『VIA-IS』における強みは全部で24種類に分類され、そのうちトップ5の強みが「自分を特徴づける強み(Signature Strength)」とされています。そして、その中でも「この強みを発揮するとワクワクする」「この強みを活用していると、元気でいられる」と思えるような強みはあなたにとってとっておきの強みとなります。

これらの強みを自分でしっかりと意識して、周囲にも伝えることで、毎日の仕事や生活、恋愛、遊びや子育てに活かすことができるとセリグマン博士は言っています。また、仕事などで活用することで、人生の満足感や仕事の充実感が向上するという研究結果も報告されています。

またペンシルベニア大学のAuthentic Happinessのウェブサイトでは、18歳未満の青年向け強み診断を受ける事が可能です。

ぜひ、強み発見のツールとしてご活用ください。

logo VIA

大人向け診断ー使用方法

大人向け(VIA研究所):http://www.viacharacter.org/Survey/Account/Register

1)リンクをクリックすると、対象サイトに移動します。
2)質問が英語で表示された場合は、右上の言語を「日本語」に変更してください。
3)氏名をアルファベットで、メールアドレス、パスワード(五文字以上)を記入し、性別、生年月日を選択して、「Register」(登録)ボタンを押して下さい。
4)「VIA・徳性調査票(VIA-IS)」の「Take Survey」ボタンをクリックして始めて下さい。全ての質問に答えるまでに約20〜30分間かかります。
5)質問の最後に、お住まい(またはお勤め先)の郵便番号を記入し、国を選択してください。
(VIAに関する継続受講に興味がある方は、その下に羅列されている科目で興味のあるものにチェックしてください。後日、VIA研究所から案内のメールが届きます。ただし、現在は英語のコースが中心です)
6)「Complete Survey」(診断完了)ボタンを押すと、次の画面に移動します。「Download Character Strength Profile」のボタンを押すと、日本語で24種類の強みが上位順に表示された診断結果が表れます。上位5つが「自分を特徴づける強み」と考えられます。必要に応じて、印刷して保存してください。

注:「Download Your Results」のボタンを押しても、日本語でうまく表示されない場合があります。
備考:「Purchase an in-depth report」を押すと、強みを深堀りした『VIA-ME!』というレポートを購入することができます。ただし、英語のみのレポートとなります。

青年向け診断ー使用方法

青年向け(ペンシルベニア大学):https://www.authentichappiness.sas.upenn.edu/ja/testcenter

1)リンクをクリックすると、対象サイトに移動します。
2)質問が英語で表示された場合は、右上の言語を「日本語」に変更してください。
3)測定テストより「青少年のためのVIA・強みに関する調査票 (VIA-Youth)」をさがし、右側にある「Take Test」(テストを受ける)ボタンをクリックします。4)「Register」をクリックして、必要な情報を入力してください。
5)調査票のスタートです。10ページ目まで回答が終わったら、FINISHボタンをおします。
6)英語で24種類の強みが上位順に表示された診断結果が表れます。(結果は英語のみです)

カテゴリー
ニュース ニュース 新ニュース一覧

JPEA公式メルマガのご案内

JPEA公式メルマガ
「幸せにたくましく生きる力を育てる」をテーマに
ポジティブ教育の理論と実践を学んだいただける
メルマガとなります。ぜひ、ご登録ください。


カテゴリー
メディア メディア メディア掲載

【メディア】フジTV出演

2021年11月19日、フジTV「ノンストップ!」さんに、当協会の理事足立が出演いたしました。
性格的な強みを発見する方法から、強み教育を実践されたご家庭のインタビューまで取り上げていただきました。

カテゴリー
メディア メディア

【メディア】フジテレビ

2021年7月9日、フジテレビ「ノンストップ!」さんに、当協会の理事足立が出演いたしました。
レジリエンス教育についてお伝えさせていただきました。

▼こちらから一部ご覧いただけます
https://twitter.com/AdachiHerome/status/1413491300754628611?s=20

カテゴリー
メディア メディア 新ニュース一覧

【メディア掲載】日経 x womanDUAL

【前編】『すぐ諦めるわが子 親の声かけや「考えのクセ」が影響?』
「無理」「できない」と言い始めることもある5~6歳児。どうサポートする? ポジティブ感情を育むための、親の工夫と声かけの習慣

【後編】泣きわめく子 自律性やメタ認知を育てる親の声かけは
ネガティブな感情を抱いたとき、心を育てるために5~6歳から親子で心がけたいトレーニングとは。 「感情のラベリング」のサポート方法

当協会理事の足立がお話させていただきました。

●読める内容●
「自分を支える内なる言葉」を育てる
親のメタ認知も試される
親は「成長マインドセット」を
子への「運動神経いいね」の声かけ、なぜNG?
感情の言語化で気がつくこととは
ポジティブ感情を意識するために取り入れたい習慣


https://dual.nikkei.com/atcl/column/17/101900010/102700222/

カテゴリー
ニュース メディア メディア

【メディア掲載】おやこのくふう

3歳からの「まなぶ・ 運動・食べる」をはぐくむメディア「おやこのくふう」さんに、レジリエンス教育についての3つの記事を掲載いただきました。

1.わが子に育てたい「ストレスに負けない心」「逆境を乗り越える力」困難に負けない人生を歩むための【レジリエンス教育】
2.泣いている子に「大丈夫、気にしない」はNG!ネガティブ感情とうまく付き合うことが心を強くする【レジリエンス教育】
3.本目親だってネガティブ沼から抜け出せないときもある!脱「イラッとして自己嫌悪…」のための大人の【レジリエンス教育】

1.わが子に育てたい「ストレスに負けない心」「逆境を乗り越える力」困難に負けない人生を歩むための【レジリエンス教育】

■2.泣いている子に「大丈夫、気にしない」はNG!ネガティブ感情とうまく付き合うことが心を強くする【レジリエンス教育】

■3.親だってネガティブ沼から抜け出せないときもある!脱「イラッとして自己嫌悪…」のための大人の【レジリエンス教育】

カテゴリー
参考文献 参考文献

Kibe, C., Suzuki, M., Hirano, M., & Boniwell, I.(2020).Sensory processing sensitivity and culturally modified resilience education: Differential susceptibility in Japanese adolescents (感覚処理感受性 と文化適応的レジリエンス教育:日本人青年の差次感受性 ).PLOS One

Sensory processing sensitivity and culturally modified resilience education:
Differential susceptibility in Japanese adolescents
<感覚処理感受性 と文化適応的レジリエンス教育:日本人青年の差次感受性 >
Kibe, C., Suzuki, M., Hirano, M., & Boniwell, I.
PLOS One (2020)

高校生を対象とした実践研究から、
レジリエンス教育がHSCの気質を持つ生徒に
効果があることが示唆されました。

論文にアクセス
日本語での概要説明

カテゴリー
メディア 新ニュース一覧

【メディア掲載】讀賣新聞

令和3年10月14日読売新聞にて、日本ポジティブ教育協会理事の足立が、
失敗した時、子どもの気持ちの支える関わりについてインタビューをお受けした記事が
掲載されました。 ネガティブ感情を受け止め、ネガティブ感情に抱えられる力を育てるのもレジリエンス教育の一つです。 受験シーズン、子ども達の力が十分に発揮できますように願っています。 

カテゴリー
ニュース メディア

【メディア】東京新聞・中日新聞掲載

20210年9月2日(木)、東京新聞・中日新聞にて、レジリエンスを引き出す声かけをテーマ特集いただきました。

こちらでも記事をご覧いただきます。

https://sukusuku.tokyo-np.co.jp/education/46833/

カテゴリー
ニュース ニュース メディア 活動実績

【記事】プレジデントオンライン

プレジデントonlineさんにて、レジリエンスを引き出す声かけをテーマに寄稿させていただきました。(2021年6月19日)

<記事>
「良かれと思ったら逆効果」メンタル不調の子どもに絶対言ってはいけない”ある言葉”

子どもの心を強くするすごい声かけ