カテゴリー
ニュース 実践報告 新ニュース一覧 活動実績 講演会・講座・セミナー

【講演】埼玉県立越谷東高等学校の保健講和「逆境に負けない力・心の回復力『レジリエンス』を育てよう!」

2022年10月18日に、 埼玉県立越谷東高等学校の保健講和で、「逆境に負けない力・心の回復力『レジリエンス』を育てよう!」という講演会を行いました。
高校1年生と3年生、先生方合わせて500名ほどが参加してくださいました。

今年の高三はコロナのおかげで高校三年間、行事がすべてなくなった学年。受験や進路選択に加え、コロナ渦で頑張って我慢してきた気持ちや、ためていたストレスが噴出してくる時期かもしれません。
心と体と脳は繋がっています。ポジティブ心理学では、Healthも重要なポイントです。
心身が健康で、初めて学業や運動のパフォーマンスを向上することができます。
人生いろいろなことがあるけれど、めげずに勇気と希望をもって人生を歩んでもらいたいという思いで、レジリエンスの育て方に加え、食や栄養についてもお話ししました。

【感想】
・沼にはまることが多かったので、抜け出し方がしれて良かった。受験に向けて前向きに今努力をしていこうと思いました。ありがとうございました。

・今後生きていく上でとても必要になってくる事を知れてとても良かったです。これを活かして、生活していけば心も体も安定するようになると思いました。大学に行く前に知れて良かったです。

・とても分かりやすく、これからも頑張ろうと思いました!自分の気持ちを見直して今回の講座を活かして生活していきたいです!ありがとうございました!

・自分がこれからどうしたら良いか知ることが出来て良かったです

・ネガティブ感情が多かったので、どうすればいいのか解決策が探せました。

・ネガティブな感情があるから人は強くなれるから、ネガティブな感情になったら、強くなれる時だけって思って、解決していきたいです!

・大人になっても必要な感情だし一生付き合ってください感情だから、とても今回の講習を聞けてほんとうによかったです!ありがとうございました!

カテゴリー
新着情報 活動実績

【企業研修】「しなやかな心の育て方セミナー」(株式会社NTTドコモ様)

2022年10月6日と11日に
株式会社NTTドコモ様にて、全社員様向けに

「しなやかな心の育て方セミナー」
~今日からできる周りの人への声かけ〜

を足立啓美が講師として研修をさせていただきました。

大きな変化の時代に、働き方も大きく変化をしています。
職場での業務や人間関係だけでなく、プライベートでの家族との関わりも含めて「レジリエンス(逆境や困難を乗り越える力)」を育てる関わりについてお話しさせていただきました。

カテゴリー
すぐに出来る!ポジティブ教育アイディア

テスト投稿

テスト投稿

カテゴリー
ニュース 実践報告 新ニュース一覧 活動実績 講演会

【講演】練馬区中学校教育研究会養護教諭部会様

 

2022年7月29日に、練馬区中学校教育研究会の養護教諭部会で協会理事の小林美佐子が「子どもたちのレジリエンスの育て方(先生方ご自身のレジリエンスも育てる!)」の講演を行いました。
コロナ渦ということで、対面とオンラインのハイブリッドでの研修会となりました。

子どもたちのレジリエンスを育てるためには、養護教諭の先生方ご自身のレジリエンスが高めることも大切なポイントになります。
先生方に、まずは好奇心をもってご自身のレジリエンスが高めていただきました。そして、子どもたちのレジリエンスの育て方についてもお話をさせていただきました。
様々なアプローチとして、ポジティブ心理学のHealthに当たる、食と栄養についても少しお話させていただきました。

 

 

【参加者の感想】
・わかりやすいお話で、生徒への指導にもぜひ使わせていただきたい内容でした。
・ただ、聞いているだけでなく、作業があってよかった。生徒に使ってみたいと思いました。
・私はぬいぐるみを作るのが好きなので、オウムのぬいぐるみを作って、名前をつけ、話すきっかけづくりに活用し、生徒と話しをしていきたいと思います。
・物凄く興味深く、先生のお話の仕方にも感動いたしました。
・「レジリエンス」今の中学生に身につけさせたい力です。保健室でも一緒に考えていきます。栄養面での話もしていきたいと思います。とても参考になる話をありがとうございました。
・大変勉強になり、前向きな気持ちになれました。忙しい日々ですが今回の研修を日々の生活に取り入れて乗り越えていきたいです。

 

カテゴリー
実践報告 新ニュース一覧 新着情報 活動実績 講演会 講演会・講座・セミナー

【講演】大分県竹田市立久住中学校「逆境に負けない力『レジリエンス』を育てよう!」

【講演】大分県竹田市立久住中学校「逆境に負けない力『レジリエンス』を育てよう!」

2022年7月8日に、大分県竹田市立久住中学校で、協会理事の小林美佐子がレジリエンス講演会を行いました。
中学生、保護者、教職員の皆さんが参加してくださいました。
子どものレジリエンスを育てるには、子どもたち自身はもちろんのこと、保護者、教職員が一丸となって一緒にレジリエンスを育む、ホールスクールアプロ―チが非常に有効です。
久住中学校は、子どもたちと保護者、教職員全員で「レジリエンス」という共通言語を持ち、より良い未来に向かって進もう!という強い思いと熱意を感じる、まさにホールスクールアプローチを実践している中学校です。

 

【生徒さんの感想】
・本当にためになることばかりで、将来にも今にも役立てそうでした。先生ありがとうございます!
・落ち込んだ時も、自分らしく前に進むために、自分なりのレジリエンスを見つけていきたいです。
・自分が失敗したときに、立ち直る方法がわかった。
・ネガティブな気持ちを持っていてもいいことが分かりました。
・すごくわかりやすかったです。納得できました。
・すごく心に残った。一つの小さなことでも、先生のおっしゃっていることを覚えておいて、これからにつなげたい。

 

【ご父兄の感想】
・とても内容がわかりやすかったです。ありがとうございました。
・日常にすぐできることを教えていただき、ありがとうございました。
・心と体と脳の作りに大切なことを学ぶことができました。
・これから大人になる子どもたちにとって、役立つお話だったと思う。
・勉強になりました。きりかえる力もつけたいなと思いました。こんな暑い中、いつも子どもたち頑張っているんだなと感心しました。
・明日からできそうなことばかり。早速実践したいと思います。
・心と栄養の関係、とてもためになりました。タンパク質大事ですね。少しずつでも食生活に取り入れようと思いました。

 

 

カテゴリー
新着情報 活動実績 講演会 講演会・講座・セミナー

【研修】子どもの心を強くするすごい声掛け(茨城PTA子育てネットワーク研修会様)

茨城PTA子育てネットワーク研修会様にて研修を担当いたしました。
実施日時:2022年6月25日
団体様名:茨城PTA子育てネットワーク研修会様
対象:教員・保護者
演題:『子供の心を強くするすごい声掛け』—家族の笑顔が子供の生きる力を育てる―』
講師:足立啓美(日本ポジティブ教育協会代表理事理事)

●受講者の感想

・限られた時間の中でしたが、得られる情報が多く、このような素晴らしい研修会を開催して下さった関係者の皆様に感謝申し上げます。

・子どものための研修と思い聞いてましたが、先生の持つ素敵な声とオーラに自分自身が癒されました。あっという間の講演でもう少し聞きたかったです。

・とても聞いてて元気をもらえる研修会でしたた。夫の会社でもこのような話を聞いてみたらどうかと話しました!

・今回の研修会に参加できて、とてもためになりました。レジリエンスという言葉は今回初めて知りましたが、子どもに限らず親にとってもこれからの社会で生き抜いていくために、とても大切なことだと思いました。

・できることからコツコツと、我が子のレジリエンスを育てていきたいです。ありがとうございました。

・私はものすごくネガティブで、今日のレジリエンスの話は、大変興味深く、自分の為になり、まず親が変わらないといけないなと思いました。分かりやすく、とても勉強になりました。ありがとうございました。

カテゴリー
ニュース 新ニュース一覧 新着情報

JPEA公式メルマガのご案内

JPEA公式メルマガ
「幸せにたくましく生きる力を育てる」をテーマに
ポジティブ教育の理論と実践を学んだいただける
メルマガとなります。ぜひ、ご登録ください。


カテゴリー
メディア メディア メディア掲載

【メディア】フジTV出演

2021年11月19日、フジTV「ノンストップ!」さんに、当協会の理事足立が出演いたしました。
性格的な強みを発見する方法から、強み教育を実践されたご家庭のインタビューまで取り上げていただきました。

カテゴリー
メディア メディア

【メディア】フジテレビ

2021年7月9日、フジテレビ「ノンストップ!」さんに、当協会の理事足立が出演いたしました。
レジリエンス教育についてお伝えさせていただきました。

カテゴリー
メディア メディア 新ニュース一覧

【メディア掲載】日経 x womanDUAL

【前編】『すぐ諦めるわが子 親の声かけや「考えのクセ」が影響?』
「無理」「できない」と言い始めることもある5~6歳児。どうサポートする? ポジティブ感情を育むための、親の工夫と声かけの習慣

【後編】泣きわめく子 自律性やメタ認知を育てる親の声かけは
ネガティブな感情を抱いたとき、心を育てるために5~6歳から親子で心がけたいトレーニングとは。 「感情のラベリング」のサポート方法

当協会理事の足立がお話させていただきました。

●読める内容●
「自分を支える内なる言葉」を育てる
親のメタ認知も試される
親は「成長マインドセット」を
子への「運動神経いいね」の声かけ、なぜNG?
感情の言語化で気がつくこととは
ポジティブ感情を意識するために取り入れたい習慣


https://dual.nikkei.com/atcl/column/17/101900010/102700222/