お知らせ詳細

2018.03.27

レジリエンス・トレーニング入門講座

レジリエンス・トレーニング入門講座

レジリエンスとは、困難や失敗にめげることなく、立ち直る力。ご紹介するレジリエンス・トレーニングは、英国生まれで、ポジティブ心理学、レジリエンス研究、PTG、認知行動療法の研究に基いたプログラムです。自己効力感、自尊感情、レジリエンスを向上させ、抑うつの症状を低減する効果が実証されています(注1)。日本の高校でも導入され、研究が進んでいます。

今回の入門講座では、日本の中・高校生向けにレジリエンス・トレーニングを行っている講師が、2時間半でプログラムの基礎をお伝えします。

教員の方はもちろん、子育て中の親御さん、ご自身のレジリエンスを育てたい方にもご受講いただき、ご好評をいただいております。

 

highschool

注1)Pluess,M.,Boniwell,I.,et al:Evaluation of a school-Based Regilience-Promoting Intervention in a High-Risk Population(2013)

プログラムの特徴

  1. 実証ベース (ポジティブ心理学、レジリエンス研究、PTG、認知行動療法)
  2. イローナ・ボニウェル博士開発、イギリス、日本での実証的な研究
  3. デュアルアプローチ(指導者自身のレジリエンス向上及びレジリエンスを教えるスキルの取得)

 

SPArk

受講した生徒・教員の声

<生徒の声>

「レジリエンスを学ぶことによって、いいところはより良くし、悪いところは少し考え方を変えてみたり見方を変えてみることによって長所に変えることができることを学んだ。」
「どうしてもネガティブになりやすくても、ネガティブだからダメなどということはないので、自分としっかり向き合うことが重要だと思いました。

<教員の声>

「生徒たちがそれまでなかなか扱いきれなかった自分たちの『心』や『心のプロセス』に対して興味をもつようになり、気持ちや心についてオープンに語ることをためらわなくなった。」

「普段の指導の中で、レジリエンス授業の内容に立ち返って思い出させることで、落ち込んだり混乱したりした生徒も持ち直すことが出来るようになった。」

レジリエンス・トレーニング入門講座

講座名 レジリエンス・トレーニング入門講座
講師 鈴木 水季

臨床心理士。精神保健福祉士。スクールカウンセラー。千葉経済大学非常勤講師。精神科病院、EAP(企業の従業員援助プログラム)での臨床を経て、東京都スクールカウンセラーに10年間従事し、現在は私学中高一貫校のスクールカウンセラーを務める。学校現場では、多くの生徒、保護者、教員の相談を受ける傍ら、教員と協働して生徒たちへの心の教育である「心理教育」の授業を手掛けてきた。都内の高校では「レジリエンス・トレーニング」を留学前の高校1年生と受験前の高校3年生に実施し、成果を挙げている。

日時 2018年6月9日(土)13:30〜16:00
会場 ナレッジ・ソサエティー(九段下駅 徒歩1分)

東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル5F KSフロア

受講料 4,000円(税込)
申し込み 一般社団法人 日本ポジティブ教育協会(ホームページ:www.j-pea.org)
お知らせ一覧に戻る