お知らせ詳細

2017.11.02

海外ポジティブ教育レポート(ドバイ③)

Primary stage:5~11歳 (1年生〜6年生)

週に2回(40分授業)、 VIA (Value in Action)という授業で、マインドセットやコミュニケーションについての授業がなされます。

その他,学年別集会でのテーマや教科科目の中でも一貫したアプローチとして取り扱われています。

Secondary stage: 11~18歳(7年生〜13年生)

週1回(90分授業)、「ポジティブ教育」 という授業があります。

10年生では、強みなども取り扱います。教師による導入のほか、生徒同士のインタラクション、ワークや心理テストなど併用しています。

また,教科学習についても個人特性や強みをベースに個々の生徒を伸ばすようなアプローチがなされています。

 

 

強みの化学周期表

 

11年生になると、受験の学年のため、ポジティブ教育の授業は週1回80分となります。

扱う内容はメンタルヘルス、受験期のコーピングの他、強みを生かす個別コーチングと進学を含むキャリアガイダンスなどです。

学校内の問題解決

全校を通して修復的司法が採用されています。修復的司法は、学校で生じた事件や問題について関係した生徒がファシリテーターの元で解決を目指していきます。

これは従来のゼロ・トレランス方式などの懲罰的ポリシーに相対するものとして位置づけられています。

校内では、子どもたちに“Feeling Good and Doing Good”(自分がハッピーなことに加え、善い行いも同様に重要)とわかりやすいキャッチフレーズで伝えています。

ドバイでのポジティブ教育シリーズ

①社会的背景〜幸福担当大臣がいるドバイ〜

②学校紹介〜イギリスのカリキュラムとポジティブ教育〜

③学校紹介〜年齢に応じたアプローチ〜

④学校紹介〜保護者に対するアプローチ〜

お知らせ一覧に戻る