お知らせ詳細

2016.10.25

【メディア情報】新潟日報/2016.10.14

新潟日報 2016.10.14 逆境に負けぬ力 磨こう

2016年10月1日に行われた新潟でのレジリエンス講座(全2回)を新潟日報に取り上げて頂きました。

講座は、レジリエンストレーナーの坂井邦晃さんが代表を務める「心と体 元気サポート倶楽部」が主催、日本ポジティブ教育協会理事の鈴木水季が講師を務めました。

nigata

==以下、新潟日報記事より転載==

逆境にいかに打ち勝つかについて学んだセミナー

中央区 専門家がアドバイス

逆境に打ち勝ち、立ち直る力(レジリエンス)を身に付けるセミナーが、新潟市中央区の市中図書館で開かれた。教育現場などで活かせるよう、否定的(ネガティブ))な気持ちにどのように向き合い、克服するかを学んだ。
市内の教育関係者でつくる市民グループが開催し、約40名が参加した。レジリエンス教育の普及に取り組む日本ポジティブ教育協会(東京)の鈴木水季理事が講演した。

2日のセミナーで、鈴木さんはレジリエンスについて、「辛い経験をして落ち込み、そこから気持ちを立て直せるしなやかさ」と説明。「こどものころからレジリエンスを養う必要がある」とし、困難や逆境があったときに感じるネガティブな気持ちを知ることと、声に出す事を学校で教えることを勧めた。

受講した新潟市西区の大学生は、来年から言語療法士として働き出すので、自分のストレスを抱えないようにしたいし、仕事の中での活かしたい」と話した。

以上

img_2863

「心と体 元気サポート倶楽部」は、坂井邦晃さんが会長、坂井淳子さんが副会長を務められています。
共に日本ポジティブ教育協会レジリエンストレーナーで、心と体の健康増進についての研究と実践演習等(定例の学習会と講師を招いてのセミナーを含む)を通して、地域住民の心身共に健康な生活を支援することをはかり、引いては地域福祉に貢献することを目的として活動されています。

 

 

お知らせ一覧に戻る